抗原抗体反応を利用した免疫沈降法の原理や担体について

医療などで利用する

医者

利用する目的を考えよう

医療現場では、マイクロスコープと呼ばれるものかよく利用されています。マイクロスコープは、非常に小さなカメラで普段見ることができない場所に潜入する場合に使います。例えば、胃の検査をする場合はレントゲンなどでも検査をすることができますが、それだけでは分からないこともたくさんあるでしょう。そこで、マイクロスコープを使って口の中から胃の中を見ます。これにより、胃の中の状態がどのようになっているか把握することができ、問題があった場合は直ちに治療するなど早期発見を実現することが可能になるでしょう。このような方法は、昔から医学の現場で利用されていますが、問題があるとすればカメラが少し大きかったことで患者さんは苦しむことがあったことでしょう。しかし最近のマイクロスコープは、かなり極小化されており、ほとんど苦しまずに胃の中を見ることが可能になりました。これにより、昔のようなつらい検査から解放されたわけです。医療現場以外では、頭皮の状態を見る場合などに利用することがあります。これを知ることで、頭皮の状態がわかり、抜け毛などを防止することができるかもしれません。このようにマイクロスコープは、様々な場面で利用されています。人間以外にも利用することがあり、例えば昔の人のかんおけの中をのぞく場合です。一気に空気に触れてしまうと形が崩れるなどの心配がある場合には、マイクロスコープを使って中を見ていきます。これにより、歴史的に重要な発見があるかもしれません。