抗原抗体反応を利用した免疫沈降法の原理や担体について

費用対効果のための選び方

医者聴診器

業務効率を優先

BEMSの費用対効果を高めるためには、「どこまで詳細化したデータを計測するか」という点があげられます。コンセント単位で電力使用状況を見える化するだけでなく、基準としたいのは、従業員に対して「見せる化」でもあります。スイッチを切ったり、照明の間引きをするだけの節電は、一般の家庭ならば支障もないでしょうが、法人格ならば業務に支障が出るでしょう。オフィスビルという環境下では、「業務効率を落とさずに」ということが導入のポイントになり得るでしょう。節電効果は各企業によって異なりますが、BEMSの導入事例との照らし合わせは可能でしょうから、類似する事例を参考にするのも導入に失敗しないポイントになるでしょう。BEMSの費用対効果を得るには、従業員100名〜という中小規模より、大規模化されているほうが大きいでしょう。また、選び方として、「従業員の働き方改革」という内容で導入するのも一利あるでしょう。照明の自動消灯によって残業削減ソリューションを導入する、そうした事例もあります。そうすれば、慢性化していた残業と電力削減の合わせ技で職場環境までが改善できます。もちろん、選ぶ上での基準は専門知識を持たなくてもITを安定的に利用や活用できることにあります。そのため、ITに関するトラブルをサポートしてくれる、一任できる体制を構築した業者との契約締結が必要です。そこでならば、BEMSの費用対効果に関してもシミュレーションしてくれることもあり、賢い選び方ができるでしょう。