抗原抗体反応を利用した免疫沈降法の原理や担体について

医者

医療などで利用する

マイクロスコープは、医療現場などでよく使われます。昔のように太い管のものは最近使われておらず、極小サイズのものが利用されるに至ります。医療現場で以外でも、頭皮をチェックする場合や昔の人の棺桶の中を見る場合にも利用することがあるでしょう。
医者

見えなかったところを見る

microscopeを利用することで、今まで見ることが出来なかった部分を見ることができるようになりました。主に医療現場などで注目されていますが、病気の早期発見には欠かせないものの一つになっています。本体も極小化している傾向があるでしょう。
医者ノーマル

コストと環境のために

電力のコストカットや環境への負担軽減に導入されているBEMSは、ビルや商業施設を担う事業者におすすめしたいサービスです。電力の使用状況から必要な設備や電気オフにできる時間帯を割り出し、エネルギーのコストカットのお手伝いをしています。
医者聴診器

費用対効果のための選び方

BEMSを導入するにしても、まずは、比較検討することが大事になります。自社ビルでもテナントビルでも、費用対効果が確実に得られるものであるのか、その基準は見える化や見せる化であり、従業員の業務効率を考えます。
男医

導入の検討

BEMSを導入する際にはもちろん、初期費用が掛かってきます。どれくらいの費用なのかということもチェックをした上で検討をするとよいでしょう。不要な電力を自動カットしてくれる、というだけでもかなりメリットがあります。

イムノアッセイ

医者と看護師

生体内の生理活性物質などを検出する分析法

生体内の生理活性物質や血液中の医薬品について分析を行う場合、最も問題になるのはそれらの含有量がとても少ないことです。この問題を解決する考え方に、目的物質のみを特異的に検出・定量する方法があります。これは生物学的親和性を利用したものであり、具体的には抗原抗体反応や酵素と基質の反応などが挙げられます。その中でも抗原抗体反応を利用した測定方法をイムノアッセイと呼んでいます。イムノアッセイは特異性・高感度・操作の簡便性などから分析の分野で極めて広い範囲で使われています。ところで一口にイムノアッセイといってもその手法は様々ですが、免疫沈降法はその1つになります。免疫沈降法の原理は、まず基質(標的となる抗原と抗体を反応させることで、免疫複合体とさせます。そしてこの免疫複合体を、ビーズなどの不溶性担体に付着させて目的物質を回収します。ちなみにビーズとして、プロテインAやプロテインGを結合させた超常磁性の磁気ビーズを活用するケースが増えています。このような原理によって、目的とする生理活性物質などが検出できるのです。ところで何故、免疫沈降と呼ぶかといえば、抗原抗体反応によって生成された免疫複合体は担体(ビーズなど)に付着させることで沈殿しやすくなるからです。すなわち、免疫沈降法では免疫複合体を沈殿させるためのビーズが大きなポイントとなります。ビーズには先述した磁気ビーズと、セファロースとがあります。どちらかといえば、磁気ビーズの方が操作が簡便で再現性が高いため主流になりつつあります。